膵炎、糖尿、そして日々想う事

急性膵炎から慢性膵炎に、さらに糖尿病になった体験談やその後の経過、血糖値の測定記録などについて。

2017年7月の定期通院/これまでのHbA1cの推移

投稿日:2017年7月31日 更新日:

HbA1cの推移

HbA1cの推移をプロットしてみた。ランタス時代は、治療が始まったばかりで、プロットしようとすると、レンジオーバーになってしまう。

よってここには載せていない。

・2013.08が 10.1
・2013.09が 8.2

・2013.08下旬から ランタス
・2013.10上旬から アピドラ
・2014.07下旬から ヒューマログ

全体に、6.0-6.7で推移していて、これで安定している様に見えるが、ここから何が言えるのだろうか。何も言えないような気もするが、無理やり何か言ってみる。

インスリンの影響

ランタスを初めてから、2か月ほどで6点台にまで下がっている。そのあと、即効型アピドラになってからは、大体安定しているように見えるが、ヒューマログになってから、若干平均値が上がりぎみか。

医師は、アピドラとヒューマログで違いはないと言っていた。アピドラ時代のデータが少ないので、何とも言えないのだけれど、アピドラに戻してみたいような気もして来る。

自己管理の影響

それから、数値のあばれ具合が大きすぎるような気はするのだが・・。特に一度6.0を付けると、途端にリバウンドしたみたいに、ビヨンと上がってしまっている。

2016.12から2017.01にかけては、たったの1か月で、6.0から6.7にハネ上がってしまっている。普通こんなには上がらないだろう。

過去1-2か月の平均血糖値は、HbA1cから、以下の式で推測できる。

推定平均血糖値(mg/dl)=28.7×HbA1c(%)-46.7

・HbA1c 6.0のときは 125.50
・HbA1c 6.7のときは 145.59

こんなに違ってしまっていいのか・・?1-2か月の平均値だぞ。一体何が起こったのだろう?この頃の血糖値データを見ると、食後血糖値が200越え、しかも250近くに行ってしまっているものが結構ある。

食生活は特に変えていないと思うのだが・・。やっぱり、自分の油断なのだろうか。油断なんだろうな・・。

HbA1cの季節変動

季節変動

年度ごとにプロットしてみた。2013のデータは、治療を始めたばかりなので、ここには載せなかった。

2016を除けば、12-3月ぐらいがやや高く、6-9月がやや低くなっているように見えるのだけれど。

入院中、風呂に入るとき、看護師が「体が暖まっているときは、インスリンが効き易くなるので、低血糖に気を付けてください」みたいなことを言っていた。その影響があるのだろうか。

さらに、自分の生活習慣と照らし合わせて考えてみる。

・夏は水分摂取量が多くなり、冬は少なくなる。
・夏は汁物(特に温かいもの)は少ないが、冬は多くなる。
・冬は、ウォーキングの距離を短めにしてしまうことがある。
・12月1月は、イベント事が多く、食事の時間が長くなりがち。

といった事が影響しているのだろうか。

7月定期通院の結果

結果は、6.0だった。これで3か月連続でこの値。ひとまず安心。

それから、いつも大体、肝臓のデータや、中性脂肪・コレステロールのどれかが必ず範囲から外れるのだが、今回はどれも範囲内であった。このまま続けばいいけど。頑張るしかないか。

スポンサーリンク


-経過・定期通院
-,

Copyright© 膵炎、糖尿、そして日々想う事 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Copyright © 2017 膵炎、糖尿、そして日々想う事 All Rights Reserved.