2018後半経過・通院

12月の通院/脂質関連の検査結果

HbA1cは6.2と少し下がった。空腹時血糖値が低くなってきたことが影響しているのだろうか。これは良かった。

また、3か月に一度の総合的な血液検査の結果が出てきた。

脂質関連

TG 85 →82 →161
HDL 44 →44 →53
LDL 97 →103 →84
LH比 2.2 →2.3 →1.6

TGが上限越えになってしまった。

LDLは減ってHDLは増えている。結果としてLH比が1.6になった。

TGは悪化、LH比は改善。

こちらの投稿で以下を引用した。

https://www.tfmwish.com/sayo/article/ldlhdl-tg.html

つまり中性脂肪値が高くなるとLDLコレステロールも高くなり、HDLコレステロールは低くなります。結果コレステロール値が高くなることにつながるのです。

引用元:【医師監修】中性脂肪の数値が気になる方へ

この内容とは逆行する方向。

2017.11からリパクレオンを服用しているが、服用前の状態に戻りつつあるような数値になった。

*上記投稿で脂質関連については、過去の数値を拾ってグラフにしていて、この現象には??という事も書いている。

今年の10月からリパクレオンの量を、2包から1包に減らしている。この影響で揺り戻しが起きているのだろうか。

なるべく薬の量は増やしたくないので、もう少し様子を見たいところ。

*機会があれば、上記グラフに以降の数値を追加していく。

消化酵素

アミラーゼ 59 →60
リパーゼ 8 →7
トリプシン 50未満 →50未満

大きな変化はない。ここ数か月はほとんどこんな感じ。

まあ、この機能が復活することはないのだろうが。

Cペプチド

前回の検査では、食後3時間くらいで採血していたため、1.14と範囲内の数値が出ていた。

今回は空腹時だったので0.59という数値。

まあ、この機能も復活することはないのだろう。

ふらつき

耳鼻科の結果は医師に伝えた。

近いうちに、脳のMRIを撮ることになった。