2018後半経過・通院経過・通院

2018年後半の病状経過まとめ

2018後半推移

2018後半は、以下についての投稿が多かったように思う。少しだけ振り返ってみる。

・空腹時血糖値
・リパクレオン服用量変更
・ふらつき
・昼食後血糖値

 

空腹時血糖値

それ以前から続いていた空腹時血糖値が高めに出る、という現象がしばらくの間出ていた。

これについては、「暁現象」なのか「ソモジー効果」なのか、を確認するため、深夜時間の血糖値を測ってみたりもしていた。

結果は、「ソモジー効果」とは考えられず、「暁現象」または、医師が言っていた「暑くて夜眠れない事によるホルモンバランスの崩れ」と言った方が当たっていたのではないかと思う。

https://www.tfmwish.com/sayo/article/201809_jikokanri.html

 

リパクレオン服用量変更

私の場合、リパクレオンは脂肪便の対策として服用している。

通常は300mg×2包なのだが、たんぱく質・脂質の摂取が少ないときは、1包に減らせるのではないかと思った。

加えて、やはり医療費を減らしたいと言うことがあったため。

これについては、医師と相談しつつ脂肪便の状態、体重減少などを見ながら進めてきた。

結果、10月の通院で医師の許可が得られた。

https://www.tfmwish.com/sayo/article/post-2812.html

 

昼食後血糖値

2018後半月毎b

11月にかけて改善傾向にあったが、12月また元に戻ってしまう傾向にある。たまたまなのかどうなのか。

これについては、ピーク値の血糖値も併せて、今後も見ていきたいところ。

 

ふらつき

膵炎や糖尿病と直接関係があるかどうかはわからないが、これに対する投稿がとても多かった。

ウォーキングが出来なくなるのが問題だし、「そのうち倒れるのでは?」といったような、精神的な面への影響もあったので。

耳鼻科を受診したり、脳のMRIを撮ったりした。

https://www.tfmwish.com/sayo/article/201812jikokannri.html

結局は、この時投稿したようにウォーキング用の靴の問題が最も影響していたようだ。

ウォーキングは再開し少しづつ距離や速度を元に戻していく。

ただし、数年前からあるような、酔ったような感覚はまだ残っているが・・。

因みに、脳MRIの結果は出ていて、結果は所見なし。ひとまずは安心。