食事・運動

炭水化物の量を見直すことにした/ご飯盛り付け画像あり

食品の計量

HbA1cが上昇してきたこと、そして、今まで何度か書いてきたと思うが、食後1時間のピーク血糖値が高い時がある、という事があって炭水化物量を見直すことにした。

リパクレオンを止めるという選択肢はないと思っている。脂肪タンパク質が消化されていない状況は、他への影響が大きいし、便の状態が元に戻ってしまうのは避けたいところ。

超即効型インスリン量を増やすことも考えた。でも本末転倒のような気もする。経済的な面もある。

脂肪タンパク質の量は変えないので、いわゆる糖質制限という事ではない。

炭水化物の量

今まで炭水化物(主食)は、大体70g前後にしていた。

慢性膵炎・糖尿病両方の食事制限に対応する
自分であまり料理はしないし、細かいカロリー計算や、炭水化物量の計算は行っていないので、レシピや写真をここに載せることはできないのだが、自分が今どうしているかについて書いていく。 膵炎と糖尿病はそれぞれに食事制限がかかっている。両方を満...

これを60g前後に減らすことにした。加えて、クッキングスケールを購入し、きちんと計ることにした。今まで計っていたかと言われれば・・測ってはいなかった。

安かったし、売れているようだったのでこれを購入した。

最小単位1g最大2kgのもので、ON/OFFとゼロ表示くらいしかないシンプルなもの。これで十分だった。材料を載せるところの面積は小さい。地域設定はできる。

 

 

具体的な炭水化物量は、以前の投稿 膵炎・糖尿病両方の食事制限に対応する で使った数値を利用して、炭水化物60gにした時のそれぞれの重さを出した。

 炭水化物含有量炭水化物60g換算
白米(炊きあがり)
180g
66.8g162g
うどん(乾麺の状態)
100g
71.5g84g
そば(乾麺の状態)
90g
64.1g84g
パスタ(乾麺の状態)
100g
72.0g83g

このようになる。毎回計るのは面倒と言えば面倒だが、これをしばらく続けていこうと思う。

ちょっと驚いたのは、白米についていつも食べている量を測ってみた時の事。

表示された重さは165gだった。つまり、今まで食べていた量は60gちょいだったということ。たしかに茶碗は小さめのものだけれど。

これだと見直したことにならないのでは・・とも思ってしまうのだが・・。

以前、「名医の太鼓判」で検査入院したクロちゃんが、200gの白米の量に驚いていたが、わかるような気がする。確かに200gというのは途轍もなく多く感じてしまう。

炊きあがりのご飯の計量

実際にご飯を162gよそってみて、クロちゃんが驚いていた200gと並べてみた。

*クリックで画像拡大。

雑穀米だとこんな感じ。

ご飯盛り付け比較

*茶碗は、直径約12cm×高さ6cm(外径)

写真だとちょっとわかりづらいと言うか微妙。実物は結構違っている様に見えたのだけれど・・。

逆に言うと、盛り方によって重さは結構変わって来そうな感じがする。しゃもじでペッタンペッタンしただけで、結構変わりそうな感じ。

やっぱりしっかり計量した方が良いのだろう。今は、計ってみて良かったと思っているけれど・・。

一方の麺類はそれなりに減ることになるので、当面はこれでやってみることにする。